ガルパン交通局のいろいろな何か

ガールズ&パンツァーとバスや鉄道が好きな人です。管理人が撮影したバスや鉄道たまに緊急車両、ガールズ&パンツァーの話題を書いていきます。

新しいディズニーリゾートラインの顔

東京ディズニーリゾートエリアを走るモノレール、舞浜ディズニーリゾートライン。このモノレールは、京成グループに属する鉄道会社です。

今年、開業以来初の新型車両がデビューしました。先日、この新型車両を撮影.乗車してきましたので、ここにまとめたいと思います。

 

f:id:tbck1001:20201027163045j:image

こちらが新型リゾートライナー100形であり、(Type C)との愛称が付いています。1編成につき6両固定となっています。

本来なら5月にデビュー予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ延期となり、2ヶ月遅れの7月3日に正式デビューとなりました。

記念すべき第1編成は、写真のイエローとなります。

 

f:id:tbck1001:20201027163720j:image

こちらが旧型車両となる、10形リゾートライナーであり、(Type X)の愛称が付いています。ちなみにCはローマ数字で100、Xは10を意味しています。

(Type C)の登場に先駆け、旧型のイエロー第2編成が5月21日をもって引退しています。

ではここで、新旧車両の違いを見ていきます。

 


f:id:tbck1001:20201027164013j:image

f:id:tbck1001:20201027164010j:image

外装面は車高に違いがあり、新型の方が旧型より高くなっています。前照灯の形状も変更され、旧型はHIDなのに対し新型はLEDとなっています。

さらに変更点として挙げられるのは以下の通りです。

・カラーリング部の波打ち

・車体の下地色が新型はクリーム色なのに対し新型は白色に変更

・車体下部のグレーが暗いものになっている

 

 


f:id:tbck1001:20201027164401j:image

f:id:tbck1001:20201027164406p:image

座席は、旧型は変形ロングシートなのに対し、新型通常タイプのロングシートになっています。

 


f:id:tbck1001:20201027164630j:image

f:id:tbck1001:20201027164627j:image

最後尾車両から撮影した運転台の様子です。

ATC車内信号機付きの速度計は、旧型は左側に独立して取り付けられているのに対し、新型は右側の液晶モニター内に表示されています。

また、左手ワンハンドル式マスコンレバーの形状も、握りやすい形に改良されています。

 

そして、車内各扉上部に設置されている案内装置にも大きな変化がありました。

 


f:id:tbck1001:20201027165159j:image

f:id:tbck1001:20201027165155j:image

旧型はオレンジ色の文字による横スクロールタイプの物ですが、新型はフルカラーによるLCDタイプとなりました。

また新型には、案内装置の下に流れ星のようなLEDランプが取り付けられていますが、こちらは扉の開閉時に注意喚起を呼びかける物です。

ちなみに、(Type C)のLCD画面には、次停車駅案内の他にもこのような表示がされます。

 


f:id:tbck1001:20201027165553j:image

f:id:tbck1001:20201027165557j:image

左側は、このモノレール線における全駅の表示となっており、右側は駅間走行中に表示される次駅停車案内です。

 


f:id:tbck1001:20201027165943j:image

f:id:tbck1001:20201027165946j:image

そして新旧共に、各車両進行方向左前寄りには、ディズニーカードをPRするディスプレイが設置されています。

写真はありませんが、新型の3号車と4号車にはワイドフリースペースが設置されており、バリアフリーにも特化した車両にもなっています。

また、先頭車両にある展望席も継続されており、車内灯も間接照明式によるLEDに変更されました。

以上が、舞浜ディズニーリゾートラインの新旧車両のまとめとなります。

新型車両100形(Type C)は、2024年度末までに全5編成30両導入され順次、旧型車両を置き換えていく予定となっています。

また、これと同時に信号設備等の更新も行われる予定です。

約20年に渡り親しまれてきた、旧型リゾートライナー10形(Type X)が退役するのは寂しいものですが、ディズニーリゾートラインの新しい顔となる100形(Type C)のこれからの活躍にも期待したいところです。

 

 

おまけ

f:id:tbck1001:20201027172814j:image

10形Type Xの第3編成パープル

リゾートゲートウェイステーションにて撮影

 

東京ディズニーランドバスターミナルウエストにて撮影

f:id:tbck1001:20201027205534j:image

100形Type C

第1編成イエロー

 

f:id:tbck1001:20201027205549j:image

10形Type X

第1編成ブルー

 

f:id:tbck1001:20201027205612j:image

第5編成ピーチ

 

赤星小梅ちゃんの公式グッズ

たまにはガールズ&パンツァーのネタでも。

この作品で、管理人の好きなキャラクターは黒森峰女学園の赤星小梅ちゃんであるのを、このブログの初期の頃に書きました。

 

f:id:tbck1001:20201012164812p:image

画像元:https://garupan.gamedbs.jp

この子が赤星小梅ちゃんです。元モブキャラから準レギュラーに昇格し、これからの活躍が期待される女の子でもあります。

そんな彼女も、ここ数年で公式グッズに登場する機会が多くなりました。そこで、管理人が持っている、小梅ちゃんのグッズを紹介したいと思います。

 

f:id:tbck1001:20201012171824j:image

まずはこちら、アニメキャラの抱き枕カバーなどを、ネット通販にて取り扱うカーテン魂さんにて、昨年春に発売された戦車道大作戦アクリルスタンドです。

ガルパン公式アプリゲームの戦車道大作戦で登場した、大洗女子学園の制服を着た小梅ちゃんの描き下ろしイラストが採用されています。

こちらは期間限定で販売されたため、現在は入手できません。

 

f:id:tbck1001:20201012172209j:image

こちらは、先月4日より池袋サンシャインアルタに常設された、ガルパン最終章キャラポップストアにて購入した、小梅ちゃんのマグバッジです。

昨年9月1日に、熊本で開催された公式イベント「GO AHEAD KUMAMOTO 」の公式グッズの一つとして販売された物です。

このイベントには参加なかったので、手にした時は嬉しい気持ちになりました。ちなみに、二つ購入したのは、普段使用する用と保存用です(笑)

 

続いては書籍から

 

f:id:tbck1001:20201012172941j:image

バンダイナムコアーツの公式通販サイト「A-on STORE」にて限定販売された、戦車少女寫眞集第7巻です。

雑誌のピンナップポスターのイラストを再録した、いわゆるアルバムといった感じの書籍です。

こちらも期間限定で販売されたため、現在は入手不可となっています。

 

f:id:tbck1001:20201012173318j:image

その中に収録された、パンツァージャケット姿の小梅ちゃんです。

2018年3月に、大洗町で開催された海楽フェスタにて、彼女の描き下ろしパネルが登場しました。

そのパネルの立ち絵に使用されており、海産物を販売する中村屋さんにあります。

 

f:id:tbck1001:20201012173725j:image

最後はこちら

音楽イベント、交響曲ガールズ&パンツァーの公式グッズから、公式画集です。

このイベントは、毎年9月中旬に開催されていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、無観客による有料配信にて開催しれました。

この画集には、コンサートにて演奏に合わせてスクリーンに映し出されたイラストを収録した物となっています。

 

f:id:tbck1001:20201012174111j:image

そこにも小梅ちゃんがいます。主人公の西住みほのお姉さんである西住まほ.逸見エリカと、かつては直下さんと呼ばれていた、元モブキャラの小島エミちゃんと共に、大洗女子学園の制服を着ています。

何やら楽しそうに会話しているのが見て取れますね。

こちらについては事後物販として、現在もA-on STOREさんにて購入する事ができます。

以上が、管理人が所有する赤星小梅ちゃんの公式グッズとなります。

 

最後に、カーテン魂さんとA-on STOREさん、キャラポップストアの公式ホームページのURLを貼っておきますので、よかったらご覧くださいませ。

 

カーテン魂:https://www.curtain-damashii.com

 

A-on STORE:https://a-onstore.jp/shop/garupan/

 

キャラポップストア:https://bandainamco-am.co.jp/chara_shop/girls-und-panzer/

東京都心の新しい顔BRT

久しぶりの投稿です。

今回のテーマは、今月1日より運行を開始した、今話題の東京BRTです。本来ならば、5月24日より運行開始予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い延期となっていました。

運行開始とありますが、厳密に言えばプレ運行となっており、虎ノ門ヒルズから晴海BRTターミナルまでの運行し、2022年以降の本格運行開始を予定しています。

一昨日、管理人が実際に乗車してきましたので、レポートしたいと思います。

 

f:id:tbck1001:20201010083612j:image

虎ノ門ヒルズの乗車場所は、ビジネスタワー1階にあるバスターミナル内のBRTのりばです。

 


f:id:tbck1001:20201010083726j:image

f:id:tbck1001:20201010083730j:image


時刻表です。バスは2番のりばから発車します。昨日は金曜日でしたので、平日ダイヤでの運行です。

 

f:id:tbck1001:20201010083822p:image

やって来たのは、トヨタの量産型燃料電池バスSORA1002号車です。

東京BRTの運行は京成バスが担当しており、車両は9両全車が、奥戸営業所東雲車庫に所属しています。

10:05発の便にて虎ノ門ヒルズから晴海BRTターミナルまでの全区間乗車しました。

 


f:id:tbck1001:20201010084128j:image

f:id:tbck1001:20201010084131j:image

車内LCD(液晶案内モニター)には、次停留所名の他にもBRTの紹介や、感染症予防の取り組みについて表示されます。

 


f:id:tbck1001:20201010084507j:image

f:id:tbck1001:20201010084510j:image

車内後方の窓側の座席には、AC100V専用充電コンセントが取り付けられており、降車ボタンはレシップ製のKSP520シリーズが採用されています。
虎ノ門ヒルズを発車後、環状2号線を経由して、最初の停留所となる新橋を目指します。

 

f:id:tbck1001:20201010090440j:image

新橋停留所付近の交差点にて、東海道新幹線とJR在来線の高架下を通ります。

 


f:id:tbck1001:20201010085904j:image

f:id:tbck1001:20201010090154p:image


環状2号線から都道50号線に入り、次の停留所となる勝どきBRTを走行中、車窓右手に築地市場跡地を横に通ります。

 

f:id:tbck1001:20201010090032j:image

さらに、隅田川にかかる築地大橋を渡り側道を通って勝どきBRTに到着です。

その後、清澄通り都道473号線を経由し、約30分ほどで終点の晴海BRTターミナルに到着しました。

運賃は、1回乗車につき220円であり、1日乗車券は500でICカードでの販売となります。

ではここで、晴海BRTターミナルで撮影した専用車両を紹介します。

 

f:id:tbck1001:20201010091531j:image

トヨタSORA1001号車です。SORAは1001から1005までの計5台導入されています。

型式はZBC-MUM1NAEです。

 

f:id:tbck1001:20201010091814j:image

通常の路線車として、いすゞエルガの長尺ノンステップ(Q尺)車が3台導入されています。

写真は1006号車です。写真を見てお気づきかと思いますが、行先表示器には新しい取り組みとして、発車時刻が表示されるのです。

 

f:id:tbck1001:20201010093517j:image

後部はこの様に表示されます。

 


f:id:tbck1001:20201010092426j:image

f:id:tbck1001:20201010092314j:image

連番となる1007号車と1008号車

型式は全車2PG-LV290Q3となります。また1007と1008は、5月11日より交付開始となった江東ナンバーが採用されています。

 

そして、東京BRT一番の目玉となる車両がこちら

 

f:id:tbck1001:20201010092606j:image

国産初の連節バスであり、東京BRTの広告塔でもある、いすゞエルガデュオ1009号車です。

日野自動車と共同開発によって誕生したバスであり、日野ではブルーリボンハイブリッド連接バスとして販売されています。

現在は、この1009号車の1台のみ在籍しており、当面の間は平日朝1本のみ、晴海BRTターミナルから虎ノ門ヒルズの全区間運行し、それ以外は毎時1本ずつ、晴海から新橋までの往復運用となっています。

型式はLX525Z1であり、排ガス規制記号は付きません。そして、先ほどのエルガ1007.1008と同じく、新ご当地ナンバーの江東ナンバーを付けています。

 

f:id:tbck1001:20201010093633p:image

10:37発の新橋行きで、晴海BRTターミナルを発車する様子を撮影しました。

全長は18メートルあり、通常の路線車よりも長い事がお分かりかと思います。

そして、11:40発の新橋行きで実際に乗車してきました。

 

f:id:tbck1001:20201010094011p:image

車内後方の座席から撮影した連節部の様子です。SORAと同様、車内中心部にLCDが付いています。

 

f:id:tbck1001:20201010094057j:image

降車ボタンはSORAとは違い、オージ製のWS-282-J1が採用されています。押し間違い防止を目的に、ボタンを引っ込めたデザインが特徴です。

 

f:id:tbck1001:20201010103844j:image

後部席から見ると、右左折時に前方の車体が見えるのも連節バスの醍醐味です。

 

f:id:tbck1001:20201010094744p:image

新橋到着後、12:06発の晴海BRTターミナル行きで発車する1009号車を撮影しました。

 


f:id:tbck1001:20201010095112j:image

f:id:tbck1001:20201010095130j:image

こちらは、1009号車の車内で無料配布されていた、案内チラシとなります。

表面はBRTについてと運賃が書かれており、裏面は各停留所の時刻表が掲載されています。

以上が、東京BRTと乗車レポートとなります。

東京都心の新しい公共交通機関として、これからが楽しみですね。

 

※今回も現地へは、新型コロナウイルス感染対策をしております。

 

写真の車両データ

1001

足立231い10-01

 

1002

足立230い10-02

 

1006

足立230え10-06

 

1007

江東210あ10-07

 

1008

江東210あ10-08

 

1009

江東210あ10-09

 

浦安から守谷へ嫁いだエルガ

今月2日、バス活として初めて茨城県守谷市へ。

ここは、県内で路線バスおよび東京方面などへの高速バスを運行する、関東鉄道が走っています。

 

f:id:tbck1001:20200906123622p:image

 

つくばエクスプレス守谷駅西口バスのりばで撮影した、関東鉄道守谷営業所のいすゞエルガ9515MRです。

社番4桁の数字の後に付く、アルファベット2文字は、この車両の所属先を表しており守谷営業所は「MoRiya」のMRから取って付けられています。

ちなみに守谷営業所は、2017年12月16日に水海道営業所と取手営業所が、移転.統合する形で新設されました。

 

さて、この9515MRですが以前は別の事業者で活躍していました。

 

f:id:tbck1001:20200906123950p:image

東京ベイシティ交通のエルガなのです。

千鳥車庫(本社)に所属し路線車として1057、後に写真の貸切車となり3057として、千葉県浦安市内を中心に、隣町の市川市南行徳駅まで活躍していました。

なお、元の社番と事業者の判明については、Twitterにおけるフォロワー様より情報をいただきました。

※1057時代の写真は撮影していなかったのでありません。

 

昨年ベイシティ交通での活躍を終え、同じ京成グループの事業者の関東鉄道へ譲渡と言ったとこでしょうか。

とはいえ、第二の人生を歩み始めた1057.3057改め9515MR。

これからの活躍に期待したいところです。

 

車両データ

9515MR(守谷営業所)

2006年式PJ-LV234N1

つくば200か10-02

 

東京ベイシティ交通時代

1057→3057

乗合→貸切

習志野200か615

台風災害から復活した登山電車

小田原駅から強羅駅を結ぶ箱根登山電車、皆さんも箱根旅行などで乗車した経験があるかと思います。

ですが、昨年10月の台風19号により箱根湯本駅から強羅駅間において土砂崩れなどの甚大な被害が発生し、運休せざるを得なくなってしまいました。

ですが、箱根登山鉄道を始めとした関係者の方々の懸命な復旧作業により、先月23日に約9ヶ月ぶりに全線運転再開となりました。

今月14日に、久しぶりにこの路線にて撮影と乗車をしました。写真と共に紹介します。

f:id:tbck1001:20200815093729p:image

大平台駅にて対向列車待ち合わせ中に撮影

 

強羅駅から乗車した、1000形ベルニナ号の1003編成です。1981年3月17日にデビューし、当時の塗装を復刻しています。

ちなみに愛称のベルニナは、1979年6月1日より姉妹鉄道提携を結んでいる、スイスのレーティッシュ鉄道ベルニナ線にちなんだものです。

 

f:id:tbck1001:20200815101929j:image

車両と車両の間はこのようになっており、緊急時以外は通り抜けができないようになっています。

 

f:id:tbck1001:20200815094024j:image

小涌谷駅宮ノ下駅の間で撮影した写真です。この区間は、昨年の台風災害で一番被害が大きかった箇所でもあります。

線路脇の斜面に、落石防止の壁が新しく設置されましたが、現在も復旧工事が行われていました。

そのため、この工事区間は徐行運転て通過となっています。

 

f:id:tbck1001:20200815094345j:image

こちらは、箱根湯本から強羅へ向かう際に撮影した、同区間の様子です。

 

 

 

f:id:tbck1001:20200815094456j:image

大平台駅宮ノ下駅の間にある、上大平台信号場に停車中の1枚です。

登山電車は、箱根の険しい山を登っていくため、出山信号場.大平台駅.上大平台信号場の3ヶ所で、列車の進行方向を変えるスイッチバックを行います。

このスイッチバックは、箱根登山電車の名物でもあります。なお、出山信号場上大平台信号場では乗客の乗り降りはできません。

 

f:id:tbck1001:20200815094818j:image

塔ノ沢駅出山信号場の間にある出山の鉄橋こと、早川橋梁を渡る所を撮影しました。

端の向こう側に見える遊歩道の吊り橋は、この路線の撮影スポットとしても有名です。

 

さて、ここからは箱根登山電車の仲間たちを紹介します。

 

f:id:tbck1001:20200815095047p:image

強羅駅付近にて撮影

 

登山電車が開業した1919年から、約100年に渡り走り続ける大ベテランのモハ1形です。登場時の形式名はチキ1形であり、1952年の修繕工事により現在のモハ1形となりました。現在は104号と106号が在籍しています。

撮影時は、中間にモハ2形108号を連結した3両フル編成で運用していました。

なおこの車両は、登山電車で唯一冷房装置が付いていません。そのため夏の時期は、すべての窓を開放して運行されます。

 

f:id:tbck1001:20200815095645p:image

大平台駅にて撮影

 

先ほど紹介した1000形ベルニナ号のトップナンバーである1001編成です。

実はこの1000形、デビュー当時は2両編成かつ非冷房車でした。2004年に冷房改造が行われて、同時に中間車を組み込んで3両編成となりました。

 

f:id:tbck1001:20200815100135j:image

塔ノ沢駅で撮影

 

1989年3月18日にデビューした、2000系サンモリッツ号です。この形式より、冷房装置が採用されました。

サンモリッツの由来は、レーティッシュ鉄道沿線の観光スポットから名付けられています。

2両編成の車両ですが、写真のは1997年に増備された3両編成の仕様です。

こちらの第3編成は、2009年3月14日より姉妹鉄道提携を結ぶ、レーティッシュ鉄道の看板列車である氷河急行と同じ塗装デザインに変更されました。

 

f:id:tbck1001:20200815101047p:image

強羅駅付近にて撮影

 

2014年11月1日にデビューした3000形アレグラ号です。アレグラの由来は、スイスで使用されているロマンシュ語の挨拶からとなっています。

1両編成の2本在籍しており、この2本を連結した2両編成または、2000系の2両編成と連結した3両編成で運行されます。

写真はありませんが、2017年5月15日にデビューした2両編成版の3100形もあります。

 

以上が、箱根登山電車の乗車リポートと車両紹介となります。

新型コロナウイルス感染対策および、熱中症対策を万全にして、夏の箱根路の旅でぜひ乗車してみるのをオススメします。

 

※写真はすべて8月14日に撮影

Newリゾートクルーザー

以前、このブログでも取り上げた東京ディズニーリゾートエリアの乗り物の一つである、ディズニーリゾートクルーザー。

今月7日より、ディズニーアンバサダーホテル無料シャトル向けに、新型車両が3台登場しました。

今月28日に、東京ディズニーランドバスターミナルにて、全車を撮影してきましたので紹介します。

 

f:id:tbck1001:20200730130031j:image

まず1台目は、三菱ふそうエアロスター1928号車です。リゾートクルーザーは、アメリカン風スタイルの車体が特徴ですが、市販そのままの姿で登場しました。


f:id:tbck1001:20200730130347j:image

f:id:tbck1001:20200730130414j:image


中扉も通常の路線バスと同様、引き戸タイプを採用し、リアテールランプもLEDとなっています。

社番の1928は、ミッキーマウスが映画デビュー作である、蒸気船ウィリーが公開された1928年にちなんだものです。

 

f:id:tbck1001:20200730131337p:image

2台目は、同じくエアロスター1118号車です。1118は、ミッキーマウスの誕生日にちなんでいます。

 

f:id:tbck1001:20200730130638p:image

こちらは、今年2月に東京ディズニーシーバスターミナルで撮影した初代1118号車です。ベース車は日野メルファであり、東京特殊車体工業の手によって改造されました。

2代目1118の登場により、初代は退役となっています。

 

 

f:id:tbck1001:20200730130946j:image

3台目は、やはり同じエアロスターによる707号車です。

こちらは、ディズニーアンバサダーホテルが開業した、2000年7月7日にちなんだものとなっています。

 

f:id:tbck1001:20200730134005p:image

横から見るとこのようになっています。

 

 

f:id:tbck1001:20200730132149j:image

今年の2月に、東京ディズニーランドバスターミナルで撮影した初代707号車です。

初代707号車は、日野レインボーHRがベースであり初代1118号車と同様、東京特殊車体工業によって改造されました。

こちらも、2代目の登場により退役となっています。

型式は、全車が2020年式2PG-MP35FPとなり、AT車となっています。

所有と運行は、京成トランジットバス千鳥営業所が担当しています。

 

ネット上では、イメージとは全く違うと言った声も上がっているようですが、コスト削減の面からこの仕様での導入となったのかもしれません。

ですが、将来的には新たなディズニーリゾートクルーザーの顔となるのを期待したいところです。

※撮影に際しては、新型コロナウィルス対策を万全にしたうえで行いました。

 

車両データ

1928

習志野230う19-28

 

1118

習志野230え11-18

 

707

習志野230か707

 

 

 

エヴァンゲリオンのシャトルバス

以前このブログにて、小田急箱根高速バスに人気アニメ新世紀エヴァンゲリオンのラッピングバスを紹介しましたが、これとはまた別にラッピング車が登場しました。

それはこちら

f:id:tbck1001:20200721154654p:image

小田急グループのタクシー会社である、箱根登山ハイヤー御殿場営業所の三菱ふそうエアロスター580号車です。

JR御殿場駅箱根乙女口から、東名御殿場インターを経由し、御殿場プレミアムアウトレットを結ぶ無料シャトルバスであります。

標準尺によるワンステップ車となっています。3台運行しており、そのうちの1号車を紹介します。

 

f:id:tbck1001:20200721154939p:image

公式側はエヴァンゲリオン初号機が描かれており、中扉の後ろ寄りにはこの作品の名シーンの写真があります。

f:id:tbck1001:20200721155238p:image

非公式側には、モビルスーツに身を包んだ綾波レイを初めとした主要キャラクターのイラストが描かれており、こちらの車体後部にも名シーンの写真があります。

f:id:tbck1001:20200721160053p:image

車体後部はこのようになっています。

ちなみに580号車の元の姿はこちら

 

f:id:tbck1001:20200721212821j:image

昨年6月の御殿場プレミアムアウトレットバスターミナルで撮影しました。

2号車と3号車はまた後日、撮影できたら紹介したいと思います。

さて、なぜこの痛車ならぬ痛バスが誕生したのか?皆さん分かりますか?

 

御殿場プレミアムアウトレットは、2000年7月13日に、小田急御殿場ファミリーランドという遊園地の跡地に開業しました。

今月13日に、御殿場プレミアムアウトレットが開業20周年を迎え、これを記念してのコラボイベントの一環として運行開始したのです。

このイベントは9月30日まで開催されます。エヴァファンの皆さん、この機会に御殿場プレミアムアウトレットへ来てみてはいかがでしょうか?

来訪の際はコロナ対策を忘れずに!また撮影の際は、マナーを守って楽しみましょう!

 

イベントの詳細はこちらからhttps://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/sp/hillside/evangelion/

 

車両データ

型式年式不明

沼津200は580

写真は、4枚目以外すべてJR御殿場駅箱根乙女口で撮影